FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)「ゲームはまだ始まったばかりだお。おっおっおっw」

2012.11.30 20:58|シリアス

「◆ゲームに集うは、切り札のギャング達のようです◇」
(ブーン芸VIPさん)

あらすじ)
世界最高峰のギャング集団、『Player』
彼らを育て上げたボス・モナーがある日突然老衰で亡くなった。

悲しむ暇もなく、大事な戦いが始まる。
『Player』のメンバーたち11人の中、一体誰がボスの座に着くのか。

白熱するゲーム、その最中、
明らかになる事実。

「モナーさんは殺された…?」



これはすごい。

まず読み始めるとすでに、濃いキャラクター設定に今後の展開が楽しみになる。
ギャング組織のメンバー一人一人に与えられた個性豊かな才能。
彼らは世界一の自分だけの技術・分野でそれぞれ金を稼ぐ。

さらに彼らの中に渦巻く確かな確執。
同じ孤児院で育った兄弟同然の相手のはずなのに、
お互いがお互いをいがみ合い、馴れ合うことはない。

そんな雰囲気はこれから始まる展開に期待させる。

そして、その期待はきっと裏切られることはないだろう。


ぎゅっと濃縮されたキャラの魅力がどんどん溢れ出していくように、
一人一人にちゃんとスポットを当てゲームは進んでいく。
確実に何かが起こり、そして壊れていく。

さらに作者はセリフ選びがうまく、同じセリフを何度も読み返してしまうことも多かった。

その言葉、ひとつひとつで、
裏の世界に生きるものたちの、冷酷に見えて筋の通った考え方を見せつけられる。
その一方で、ボス・モナーに対する彼らの親愛、尊敬をこれでもかと意識させられる。


勝った人間はどこまでもカッコよく、負けた人間はどこまでもカッコ悪い。


そんな現実をうまく描き上げていると思った。


ただ、少し全体的に荒削りで、矛盾や文法ミスが目立ったのが残念だったかな。

でもそれを除けば完璧に練りこまれたうまい作品だった。
すごくワクワクしてキャラみんなが好きになりました。ありがとう!


心を突き動かされたので、追記書きますが、ネタバレ注意です。

続きを読む >>

スポンサーサイト

('A`) 着実にナイスボウトに近づいている気がしますね

2012.11.26 13:28|ギャグ・カオス

「('A`)四月馬鹿なので皆に告白するようです」
(文丸新聞さん)

あらすじ)
エイプリルフールに6人の女性に嘘の告白をしたドクオ。
当然断られるものだと思いきや、全員から「いいよ」と返事が返ってきて…?


モテモテドクオの恋愛シュミレーション。

と書くとなんだか胸糞悪い話のような印象だが、そんなこともない。


ギャルゲエロゲをやりこんだドクオが解説しながら、
次の一手や攻略対象の心情を読み解いてくれる恋愛ゲー攻略法のような短編。

何よりかわいい女性陣に言い寄られているのに、
淡々とですます調で解説を続けてくれるドクオが良い味出してる。
不思議と嫉妬や羨望も感じません。


もしこの設定でゲームが出るなら、
真っ先にでぃちゃん攻略します。



うきうきウォッチング

2012.11.26 03:30|雑談

今、いま、たったいま、
総合でリアル投下に初遭遇した……!!!

ほんとはRESTさんの感想スレ順繰りに見ていって、
他のにつまみ食いはやめよう、って思ってたのに
ついつまみぐいしてしまったー…。

デモデモダッテ面白かったんだもの。

どっかにまとめられてたら今度紹介します。
すごく好みのお話だった。うれしかったです、ありがとう。

やっぱりこのくらいの時間がいいのかなぁー。



(i)「あついよう」

2012.11.25 03:58|ギャグ・カオス

「(∪)そ~~~れ、たかいたか~~~いのようです」
(勝つる!2chまとめブログさん)

あらすじ)
なし


………?


………………?


人として、女として、この作品の感想を書くことに抵抗を感じるのは仕方ない。


ごめん、あの、実は初見じゃないんだ…。
これ、あの、好きで…、何度か読み返してます。

何度読み返してもよくわからない理不尽な展開、
登場人物たちの狂気的な「無」の感情…。

やみつきになっても仕方ないだろう。

なんか、そういう感じの作品です。




これを読んでニヤニヤしている私のことは嫌いでも、
この作品のことは嫌いにならないでください!



( ^ω^)たすけてー

2012.11.24 15:01|ほのぼの

「( ^ω^)たすけてー、のようです」
(BoonStyleさん)

あらすじ)
( ^ω^)たすけてー


「たすけてー」がゲシュタルト崩壊した。


この発想力を人類の発展に活かせないものか。


これはブーン系小説なのだろうか。


でも、まぁ、かわいいかな。


ξ゚⊿゚)ξ アンタがいけないのよアンタが

2012.11.24 14:41|ほのぼの

「( ^ω^)爆弾少年と起爆少女のようですξ゚⊿゚)ξ」
(mesimarjaさん)

あらすじ)
ブーンとツンは仲良しでいつも一緒にいます。
だけど、短気なツンを怒らせてしまうと…。



爆発ネタが続いてしまったが…

細けえこたあいいんだよ!


とりあえず読むべし。
大型AAを多用して、地の文もなし、
すごく読みやすい短編なのでこんな感想を読む前に一度読んでくるべし。


「爆発」という単語に似合わず、ブーンとツンのほのぼのとしたやりとりに、
思わず顔がにやけちゃってるはずである。


にしてもほんと、ブーンはかわいいなぁ~。


ξ#゚⊿゚)ξ  イラッ


(  ゚ω゚) カチッ




(*´_ゝ`)「いいおっぱいだな」

2012.11.24 04:46|ほのぼの

「( ´_ゝ`)不良岡っ引きの事件簿のようです(´<_` )」
(まぜこぜブーンさん)

あらすじ)
ちょっぴり不良な双子の岡っ引きは城下町の有名人。
ある日「ちゅどーんっ!」という爆発音を聞くところから事件は始まります。



これ、好き!!


総合に投下された流石兄弟主人公の短編である。
時代背景は江戸、10数レスのさらりと読める良作。

これほど流石兄弟らしい二人は逆に珍しいかも。


お題として設定された中にある「1レスごとに爆発」という無茶ぶり。
それを持て余さないうまい爆発のからめ方には舌を巻かされる。ひゅう。

この短編一本で終わるのは惜しいので、
欲を言えばまた他のお題で同じ設定で書いてほしいな。





これからもよろしくお願いします。

2012.11.23 15:34|雑談

私が不肖なせいで、
せっかくしていただいたコメント&拍手に今まで全く気づきませんでした。

お礼が遅れてしまったことを、お詫びいたします。

そして、こんなひっそりとした面白味のないブログにご訪問いただき、
さらにあたたかいコメント&拍手を本当にありがとうございました。

とても励みになりましたので、
これからもがんばっていきます。よろしくお願いします。


感想だけではなく、考察や企画、はては自分で作品も書いてみたいなーと思っているので、
そちらもあたたかく見守っていただけたら嬉しいです。

(-_-) 「惜しまなくても大丈夫だよ」

2012.11.23 04:46|ファンタジー・SF

「川 ゚ -゚)キミ イルセカイのようです」
(7xまとめさん)

あらすじ)
発展と崩壊を繰り返し、ついに世界は一つの国となった。
そんな現在において、クーの所属する外務課(元外務省)は仕事を失い、
今日も平凡で単調な繰り返しを行うばかり。

そんな日常を乱すのは「次元の裂け目」の存在。
何故かその裂け目を通って向こう側の世界に行くことになったクー。
向こうに広がるもうひとつの世界「AA界」はクーにどんな経験をさせるのか。



SFだけど、壮大なスリルとアクション、かけひきがあるわけじゃなく、
S(すこし)F(ふしぎ)と銘打たれたこの作品。

なかなか量もあるので、ゆっくりゆっくり時間をかけて読み込んできた。

主人公の性格通り、誠実でまっすぐでやさしい文章。
キャラの一人として邪険に扱わないストーリー展開。
たくさん練られたであろうきちんとしたプロットの存在が透けて見える安定感。

読み進めると共に、
切実に全員の幸せを願った。

クーは決して完璧な人間ではなく、
悩みを抱え、葛藤し、迷い、取り乱し、落ち込み、
それでも自分の考えを曲げずまっすぐ前を向く。

きっとその行動があのエンディングを生んだ。


読み終わったあとに笑顔になれるような、
心から安心できて彼ら皆を祝福できるような、
そんなやさしくて不思議なお話だった。


ブーンもミセリも課長もかわいい。







キミ、いる世界。
それは私もいる世界。


(  _ゝ ) 「…なんでも、ないよ、弟者。いつもの頭痛さ」

2012.11.19 00:03|シリアス

「( ´_ゝ`)ブラクラゲット、のようです」
(創作板)

あらすじ)

『流石兄者の部屋は狭い』

彼はその部屋で、『仕事』をしている。
パートナーは精神体となり身体を亡くした実の弟、弟者。
世界は『光る球体』を中心にできている。
兄者は今日も常備薬を水で流し込む。

しかし、崩壊のときは着々と迫っているのだ。




読んだ……!

って感じになるような独特の世界観の作品。
中に入り込んでいくのは大変だったが、
引き込まれたらその後は早かった。

ただ、意味はわからん。

勝手に謎が解明されるのを楽しみにして読んでいたので、
モヤモヤエンド感は否めない。

なので、最初から雰囲気を楽しむものだと思って挑むべし。

ちょっぴりグロくて荒廃的、
不安定な気持ちになりたかったら彼らの世界に踏み出そう。



あ、ちょっとまって、やめて
嘘でしょ、やだまって



『ブラクラゲット、』

かちかち。


(´<_` ) (うちの店のほうが美味しそうだな)

2012.11.17 01:42|ほのぼの
「( ´_ゝ`)はお菓子をごちそうするようです」
(オムライスさん)

あらすじ)
兄者と弟者の二人の兄弟が店長を務めるお菓子屋さん。
そこでお菓子を食べると、なんだか不思議なことが起きるみたいです。


絵本風に書かれた、甘くてかわいくてふわふわで、
ちょっぴりビターな兄者のお菓子の物語。

「笑ゥせえるすまん」のかわいくてソフト版だと思ってもらえたらベスト。

なんだかんだでお菓子屋さんな流石兄弟のかわいさを楽しむお話。
砂糖をまぶしたおしゃれなお菓子が食べたくなってしまった。




川 ゚ -゚) 「これも神の思し召しだろうか」

2012.11.16 19:59|ギャグ・カオス

「( ^ω^) 12人の魔法使いのようです」
(ブーン文丸新聞さん)

あらすじ)
12人の魔法使いたちは、自分の大切な願いをかなえるために
互いを蹴落とす戦いを長い間繰り広げている。

ある時、4人の魔法使いが同じ場所に対峙した。
にらみ合う彼ら、緊迫した雰囲気。
ほぼ同時に、4人は地を蹴った…

だが、そこに待ち受ける真実とは!?



なんか、頭がおかしくなりそう。
いや、もうおかしいのかな。

一筋縄にはいかない謎ギャグ。
これは一体…と思わずにはいられない。

序盤のかけあいはかなり面白く、
最後の熱いバトルシーンも迫力がものすごかった。
これはすごい。
もう一度言おう、これはすごい。

ところどころの文章の乱れだけがちょっと残念でした。


ξ゚⊿゚)ξ「へ?インコ?……なんでこんなところに?」

2012.11.16 14:24|ホラー

「誰か呼んでるようですよ。」
(ブーン文丸新聞さん)


あらすじ)
どこからともなく綺麗なインコが飛んできて、耳元でいとしい人の声で呟く。
その声に誘われてふらふらと行ってしまう人々。
最後に残る狂った笑い声、連鎖はいつまで続くのか。


王道ホラーといってもいいゾッとする短編。
ストレートな表現でグロ描写も少ないのでホラー初心者にもいいかも。

ただ、効果音の入れ方が恐怖感と嫌悪感を煽る。
悪いことをしなくても巻き込まれる怪異と、
命を失う瞬間のことを思うと言いようのない怖さに襲われるのだ。


ただ、もうちょっとインコの正体について掘り下げてほしかったけどなぁ。




『ギャハハハハッ』


……ん?



「ドクオ。死ぬなよ」

2012.11.16 00:21|ヒューマン

「三丁目の('A`)ドクオ達のようです」
(オムライスさん)

あらすじ)
隻腕の黒い老猫、ドクオは元人間嫌いだが今は人間に飼われている飼い猫だ。
腕っぷしもよくないし、体は貧相だが広場の皆からは慕われている。
猫にもいろいろいるので喧嘩だって頻繁にあるが、気のいいやつらばかり。

頭の良いドクオは彼らと彼らの将来を見据えて、
来る危険からいつだって守る覚悟ができているのである…。


大作である。
三年という長い月日をかけて、途中ブランクを挟みながらも
書ききった作者を褒め称えたい。

ほのぼのストーリーに見せかけて重く大きなテーマを背負っている。
ペットを飼う人間としては心をこれでもかと揺さぶられた。

小さな体で精いっぱい自分たちの日常を守る猫たちの姿を、
小さな彼らの大きな志や思いを、
読み進めるだけで胸にじんわり大切な何かが構築されていくきがする。

続きが気になった。
とにかく気になった。
ずっとドクオが心配だった。

でも、ドクオは強かった。

文章が何よりうまい。
読みやすく、引き込まれる文だ。
こんな作品を発見して読めたことをうれしく思う。


「人間」の話なわけじゃないのに
「ヒューマン」カテゴリがこれほど似合うとはいかに。


( ´_ゝ`)「見てはいけないらしい」

2012.11.14 23:13|ホラー

「(,,゚Д゚)見てはいけないようです」
(ブーン文丸新聞さん)

あらすじ)
神社の裏にある祠には絶対に覗いてはいけないという噂がある。
それはわかっていても、ギコはなんだか興味を惹かれてしまう。

そして妹や友人の注意も聞かず、ついに祠へ向かってしまうのだった。

祠の中にある見てはいけないもの、そして隠された禁忌とは何か?



こういう雰囲気の話は好きだ。

ホラーのカテゴリに入れはしたが、
というよりショートショートみたいなオチ命の不思議話、という印象を受けた。

ギコが主人公っていうのも珍しいし、
好青年なビロードっていうのも貴重。

ちょっと時間が空いたときに、うってつけ。
こういう話が好きな人ってたくさんいそうだな。


祠の中身はなんじゃろな?



ζ(ФωФ ζ「ふふふ…ヒ・ミ・ツ☆」

2012.11.14 20:43|ギャグ・カオス

「ζ(ΦωΦ ζコワモテJKロマネス子のようです」
(ブーン文丸新聞さん)

あらすじ)
ちょっとくいしんぼうな杉浦ロマネス子は華の女子高生。
転校生のクーちゃんや幼馴染のドクオたちたくさんの友達に囲まれた人気者です。

そんな彼女の人気の秘密とは…?



もう、なんというか…。

主人公のロマネス子がすごくかわいい。
でも、なぜかあふれ出る男気、というか男臭さ?

こんなふうに思うこちらがおかしいんだろうか?と思わせる説得力と、
いつしかドクオとクールに親近感の湧き出すうまい作り方。

最後には君もロマネス子の魅力にやられちゃってるかも!?




「鬱陶しい」とちょっと似た感じかもしれないです。
そちらを読んで気にいった人はこちらもどうぞ。

( ・∀・)「鬱陶しい」

2012.11.13 02:31|ギャグ・カオス

「o川*゚ー゚)oは鬱陶しいようです」
(ブーン文丸新聞さん)

あらすじ)
モララーのクラスに転校してきた須尚キュート。
彼女との出会いは忘れられないものだった…。


やばい、何がやばいってタイトルがまずやばい。
タイトルが内容を表し過ぎてる。

そして、タイトルで内容が想像できるにも関わらず、
それをはるかにしのぐ驚きの鬱陶しさがやばい。

モララーの正義の鉄拳と対するへこたれなさがやばい。

なんという良いモララー。そして良いブーン。


ラストさらにやばい。なんか言い知れぬ爽快感を感じた。


胸の奥からわきあがあるような鬱陶しさと、
そしてそれを払拭するラストが味な勢いのあるギャグ短編。

イライラしている人にぜひ!

<_プー゚)フ「――ろぉんどんぶりっじぃずふぉーりんだーん……――」

2012.11.13 01:56|ヒューマン

「( ^ω^)七大不思議と「せいとかい」のようです」
(ブーン文丸新聞さん)

あらすじ)
人間と幽霊の入り混じるVIP高校の生徒会長、もとい聖徒会長、内藤ホライゾン。
彼には幼馴染の神社の娘や寺の息子、
そして学校の七大不思議たちの力を借りて平和を守る使命がある。

ところがとうの内藤は聖徒会所属を嫌がり、七大不思議たちは変人ばかり。
まるっこい小さな霊魂、エクストも加わってはちゃめちゃどたばた、
楽しく今日も問題解決!

ξ#゚⊿゚)ξ「悪霊退散っ、出連スペシャル――うぉおらぁぁあっ!」

(゚A(##)「ゲボァアッッッ!!」


というわけで、「あな本」の作者さまの代表作をようやっと読み終えてきた。

これまた期待に違わぬ良作で、ページをスクロールする指が止まらなかった。
その理由はテンポのいいセリフの掛け合いや、
マイナーAAだろうがメジャーAAだろうが関係ないキャラクターの魅力、
そして元ネタありとはいえオリジナルの部分の脚色のセンスの良さ。

またまた彼らのことを大好きにさせられてしまった。

この作者さんのおかげで好きになったAAの数は知れない。
お礼を言いたい。ありがとうございます。

元ネタは『HAUNTEDじゃんくしょん』 というちょっとマイナーな漫画なのだが、
多分ほとんどのストーリーがオリジナルだと思う。
既存の漫画の設定の良い部分だけ借りて、さらに肉付けと味付けを施した完璧な料理である。



きっとこの人はビコーズが好きなんだな…。
よし、他の作品も読んで来よう!








( ^ω^)(…………………やべえ)

2012.11.08 19:47|ギャグ・カオス
「( ^ω^)演奏中はお静かに。のようです」
(オムライスさん)

あらすじ)
演奏中、演奏者が音を立てることは許されない無音の楽曲、「4分33秒」
この個性的な楽曲の演奏中にうずまく演奏者たちのさまざまな思惑、感情…。
あなたはこの話を果たして静かに読めるだろうか?


すばらしいの一言。

面白すぎて先に進むのがもったいなかった。
読み終わるのにものすごい時間がかかった。

三谷幸喜の映画みたいな密接にいろんな人の絡み合う作品です。


元気になりたいときとかに読もう!


( ФωФ)「ぬおおおおっほっほおおおおおおお!!!!」

2012.11.08 18:13|ギャグ・カオス

「('A`)が入山したら案の定衆道だらけだったようです」
(オムライスさん)

あらすじ)
だらけきった生活から抜け出すため、寺へ三年間の修行に訪れたドクオ。
小僧のしぃに寺での生活を教えてもらいながら精進するが、
その寺には古式なある習慣が残っているようで…?


正直、ジャンル分けをどうするか非常に迷った。

一応「ギャグ・カオス」に分けてはあるが、
冒頭のしぃの解説部分は「HOW TO」ジャンルにいれてもいいように思えるし、
いっそホラーやシリアスに入れてしまってもいいんじゃないかと思った。

まぁ、最後の怒涛の展開は「カオス」と形容するにふさわしい様子であったので、
これでいいでしょう。


女子の立場としては同性愛、それも男同士の恋愛に抵抗はさほど感じないが、
それでも心に大きなしこりが残ることは確実。

なんかもう全部クソだ、と思うぐらいだった。


寺の知識、古風なセリフ運びなんかは一読の価値ありなので、
gthm、ksmsに抵抗がないならおすすめしたいところ。


ただ、読み終えたあと目覚めても知りません。


(;'A`)「邪気眼ってレヴェルじゃねーぞ・・・」

2012.11.08 15:17|アクション・バトル

「('A`)は神になったようです」
(ブーン芸VIPさん)

あらすじ)
「日本時間で7月18日午前7時8分31秒
人類は唐突に進化を遂げた――」

ある日突然全人類に与えられた超能力。
飛べる能力、電気を操る能力、風を操る能力…
そして、今人類は大きな敵と対峙しようとしていた。

はたして、ドクオは自らに与えられた大きな能力を使いこなせるのか!?



一言でいってしまえば、厨二病乙。

中学生のころ、教室の机やベッドの中でドキドキしながら妄想したあの設定。
そんな懐かしさを感じる作品だった。

よくも悪くもブーン系らしい。
文章は簡潔、読みやすい。
それでいてつまらなくもない。十分におもしろい。

若いころの自分のあの赤面したくなるような気持ちを思い出すのにうってつけです。





しかし短編が続くと一気に更新量が増えて少し面倒。
でも順番を決めたらそれを破りたくない派なので、仕方ない。


('A`) 百聞は一見に如かず、百見は一食に如かず

2012.11.08 13:40|HOW TO

「( ^ω^)はホヤを食べるようです」

あらすじ)
ドクオに呼ばれたブーンが彼の家に行ってみると、
そこにはなんだかグロテスクなものが!
なにこれ? ほんとに食べれるの?


長年の疑問を解決してくれた一作。

ほや、ホヤ、海鞘。
なんだか気になる。でもグロい。
どんな味? でも食べたくはない。

そんな人におすすめのドックンの特別調理教室。

ホヤの外見でさえ知らない人も多いはず。
見れば思わず「へぇ~」と感嘆のため息を漏らすでしょう!


極端にグロ苦手な人は一応注意。
でも食べ物ですよ。





(´・_ゝ・`)「──君ってそんなに馬鹿だったっけ?」

2012.11.08 13:19|ホラー

「('、`*川 フリーターと先生の怪奇夜話、のようです (´・_ゝ・`)」
(RESTさん)

あらすじ)
ペニサスがバイトしている店に現れては、
半ば無理やり彼女を心霊スポットにひっぱっていく「先生」
彼は霊感の全くない「零感」人間であるのに、幽霊に会いたくてしょうがない。
先生に振り回されるペニサスのぞっとするような体験談の数々。
一番怖いのは霊を恐れぬ先生の行動かもしれない…。


これ、ほのぼのホラーとあなどるなかれ。
結構ガチで怖い。

零感、の先生とは対照的にどんどん霊感の強さを増していくペニサスの、
スリルに溢れる体験を主観から描いてくれるので、
夜中に読むとちょっと泣きそうになるくらい怖い。

それもありきたりなホラー展開でなく、
1にも2にもひねりを加えた新鮮なストーリー。
続けて全部読んでもまったく飽きません。

そしてなんといっても一番の魅力は「先生」のキャラクター。

零感ゆえに霊を恐れず破天荒な行動をとりまくる先生と、
ふりまわされるペニサスのやりとりが面白い。



怖くて、恐ろしくて、うすら寒くて、そしておもしろくて、ちょっと切ない。

私も先生と冒険がしたい。
でも怖い目に合うのはごめんなので遠慮します。





―――いつか『太陽』を見つけよう!

2012.11.07 19:20|ファンタジー・SF
「雪のハヤブサ、のようです」
(RESTさん)

あらすじ)
優しい養父の元で育った仲のいい五人の孤児達。
彼らは謂れなき罪で捕えられた養父の意を継いで、
見たこともない「太陽」というものを見つけることを決意する。

そんな彼らのもとに現れた見知らぬ少女も交えながら、
目指すは太陽! 行くぞ氷の壁の外!


王道ファンタジーな読みやすい作品。
往々でも言われている通り、決して完成された文章や構成があるわけではない。
だが、テンポよく進む展開、小気味の良い登場人物たちの掛け合い、
そして面白く興味を惹かれるストーリー性を楽しめた。

一体氷の壁の外には何があるのか。
太陽は本当にあるのだろうか。

そして王道ファンタジーらしからぬ急展開に、信じられぬ気持ちになる。

それがまた主人公たちの気持ちの強さの証明になる。
応援している。もっと高く、もっと高く。飛べハヤブサ!!




読み進める作品の選び方について悩んでいたのですが、
このページから順番に見ていくことにしました。

( ^ω^)ブーン系小説感想・絵スレのようです
(RESTさん)

新旧、メジャーマイナー、各ジャンル入り混じる、最近の感想スレということで、
丁度いいチョイスになっていくんじゃないかなと思います。

ただ原則として未完のものは極力除こうと思います。
また、現行で連載中のものはメモしておいて完結後に一気読みいたします。

これは、最後まで読まずに感想を書くことができないというのと、
個人的に途中で終わっている物語を読むのはモヤモヤして嫌だという理由になります。

ですが、例外も多分たくさんあると思うので、
あまり縛られずにのびのびとやっていきます。よろしくお願いします。


うん、「また」なんだ。すまない。

2012.11.06 01:10|雑談


このテキーラは
サービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。



満を持してブーン系小説というジャンルのもとへ戻ってきたはいいものの、
何から読んでいいかわからずに感想スレやブログを巡る日々。

やっぱり名作と呼ばれるものは読んでおきたいし、
好きな作者の話も全部読みたい。
前に読んで面白かった作品も読み直したい。

(いまだに「ぼくモナ」を読み返しにかかる勇気がない)

とりあえず、あな本のニュッくんがかわいかったので、
出演作は一通り読んでくるつもりです( ^ν^)ペッ



あれっす、昇りエスカレーター下り続けてるんですわ

2012.11.05 02:51|ギャグ・カオス
「( ^ω^)はエスカレーターに閉じ込められたようです」
(mesimarjaさん)

あらすじ)
前門の虎後門の狼。
ブーンは上りエスカレーターを延々と下りつづけている。

シュールぶっとびギャグ。
一体誰がこんな設定を考え付くだろう。

さらっと読めるのに印象に残る作品。


オチは…、ブーン、どうなるんでしょう。

( ^ν^)「ふん」

2012.11.04 12:25|ヒューマン

「ζ(゚ー゚*ζ あな素晴らしや、生きた本 のようです」
(ブーン芸VIPさん)


あらすじ)
女好きの館長内藤や美しい少女ツン、無愛想で本好きのニュッ、そして個性豊かな作家たち。
彼らはVIP図書館の住人であり、「生きている本」という不思議な存在に関係があるらしい。
好奇心旺盛な女子高生、デレは彼らと仲を深め、そして「生きている本」の謎に近づいていく。


最終回を、読み終えてしまった。

ホラー、ラブストーリー、サスペンス、SF、家族物、ミステリー、ファンタジー…
いろいろな物語を彼らとともに感じてきたのに、お別れがさみしい。
そのくらいこの話に出てくるキャラクターたちをいとおしいと感じていた。

作りこまれた設定や、流れるようなセリフ運び、ふんだんに散りばめられた遊び心。
まさに図書館のような小説であった。

目ぼしいAAは全部出演していると言ってもいいくらい多い登場人物だったが、
きちんと主人公たちに視点が絞られているので読みやすい。
個性立ちもしっかりしていて、頭の中に彼らの姿を思い浮かべやすい。

私もフェンスに囲まれた森の中の不思議な図書館へ行ってみたい。
彼らの好きなものを食べ、談笑して、不思議なことに巻き込まれて、
それでも仲良く楽しく笑っていたい。


ネタバレになるかもわからんけど、好きなセリフ。

( ^ω^)「一度でも、一瞬でも、お前が消えたことがあるかお。
       一度でも一瞬でも――僕がお前を不要だと思ったことがあるかお」


ああ、脳が大満足。
なかでも、特にショボンが良いキャラしてました。






本名はフィレンクト=ミッドガルド

2012.11.03 01:54|雑談

今、類まれなる名作を読み進めている。

眠くても、腹が減っても続きが気になるこの感じ。
まさに運命の出会いである。

心配しなくても後日その名作は紹介してあげますからね!!!


(‘_L’)フィレンクトさん

って、デフォで隻腕設定だったのか。知らなかった。




↓今読んでる作品のヒント
( ^ν^) 「死ね」

いつも心にジャスティスを

2012.11.01 00:38|ヒューマン
「( ^ω^)は現実的ヒーローのようです」
(ブーン芸VIPさん)


あらすじ)
大人気の正義の味方ジャスティスカイザー! ……の中の人、内藤ホライズン。
説明しよう! 彼はいわゆる「ガチンコじゃない方」のヒーローである。
さぁ、今日も怪人を華麗にやっつけて、見事ガッポリ大儲け!



明るくて面白いストーリーに読みやすいテンポの良さ。
サクサク読み進めていたら、
全然そんなつもりじゃなかったのに熱い涙が頬を撫でていました。

本当のヒーローとは何か。

ガハハと笑える明るいストーリーの中に、
重く何かに気づかされる感動が仕込まれています。


戦えジャスティスカイザー! 負けるなジャスティスカイザー!



( =☆=)「ジャスティスカイザー!!ここに見参!!」





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。